死亡女性、DV被害を相談=元夫から聴取−静岡県警(時事通信)

 静岡県御殿場市で、同県伊豆の国市の職業不詳久松紘子さん(26)が遺体で見つかった事件で、久松さんが行方不明になる前に児童相談所に「夫からDV(配偶者等暴力)を受けている」などと相談していたことが7日、分かった。
 県警御殿場署捜査本部は、遺体が発見された空き家の家主でもあった元夫(43)=詐欺罪で起訴=が事件に関与しているとみて、詳しく事情を聴いている。
 同県清水町役場によると、久松さんは2月3日、同県の東部児童相談所に「夫(当時)からDVを受けている。逃げたい」「子供だけでも保護してほしい」などと相談。同相談所は、久松さんが当時住んでいた清水町役場に話をするよう勧めたが、久松さんは町役場には来なかったという。
 捜査関係者らによると、久松さんは2月下旬に行方が分からなくなり、母親が3月26日に県警大仁署に捜索願を出していた。 

【関連ニュース】
日本初「子どもの村」スタート=里親と養護スタッフが1カ所に
長男虐待容疑で行司を逮捕=日常的に暴力か
死亡男児にアイロンの跡=容疑者夫婦を起訴
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ
自宅たまり場に大麻吸引=少年ら4人逮捕、家出中学生も

裁判所庁舎に赤い塗料 女性2人から事情聴く 東京・霞が関(産経新聞)
<母の日>青いカーネーション「ムーンダスト」出荷ピーク(毎日新聞)
将棋 羽生、3連覇に王手…名人戦・第3局(毎日新聞)
次にブレークするB級グルメ「高槻うどんギョーザ」(産経新聞)
<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)
[PR]
by s0kaxz9ek6 | 2010-05-12 03:45